日本のオンラインカジノの行方TOP

このエントリーをはてなブックマークに追加

オンラインカジノの法整備が追い付いていない

 出展:オンラインカジノ
  • 2015年衝撃的なニュースが日本で配信されました。オンラインカジノをプレイしていた人が逮捕されたのです。日本においてオンラインカジノは2000年代初頭に上陸し、グレーなギャンブルとしてひそかに人気をひそめていたのですがその後様々な日本語対応のオンラインカジノを登場し、徐々にその勢力を高めていた時期の話です。オンラインカジノで逮捕者が出るというのは国外の胴元との関係上不可能な話ととらえていたため非常に驚かされたわけです。何故逮捕されたのかということはオンラインカジノでプレイしていた動画や画像を自分のブログにアップし、実際にプレイした証拠を捕まれ、さらにはスマートライブカジノというオンラインカジノのライブカジノでそのプレイを観察されたことで事実確認となり逮捕されたそうです。しかし、この事件はさらに遡って調査が続けられていたという情報もあります。ある詐欺師の逮捕をきっかけにその逮捕された人が実は大のオンラインカジノファンで口座のやりとりがすべて警察に確認され、そのために金銭の授受が国内の口座を行われていることが発覚し、その後オンラインカジノの実態が改めて当局に把握されたのでしょう。しかしながらオンラインカジノで逮捕された方は略式起訴ということで未だ法的に完全な違法という見方は異なると考えています。日本はギャンブルに関して厳しい国と言われていますが、全面的にギャンブルが禁止されているわけではありません。競馬や競輪、宝くじやtotoなどは公営ギャンブルとして認められています。また、法律にもグレーゾーンが存在し、見逃されているギャンブルがあります。身近な例として、パチンコは賭博でなく風俗営業に関する法律を適用することで営業を行っていますが、実際は景品の一部が店外の景品買取所で売却できる仕組みです。ある意味グレーです。オンラインカジノはというと日本国内にいながら、国外で運営されているオンラインカジノ会社とのやろとりのため、本来であれば法律のグレーゾーンに位置しています。賭博に関する法律が定められたのは、インターネットが発達する以前のことです。そのため、インターネットを通じたギャンブルに関しては、法整備が追い付いていない状況にあります。京都府警が今回オンラインカジノの逮捕を行ったわけですが強引に略式起訴に持っていき逮捕者が出たとマスコミを使って世間に知らしめたことでさらにあやふやな状況になったといえるでしょう。
    海外ではギャンブルに関して寛容な国もあり、そのような国でオンラインカジノやブックメーカーが国の許可を得て運営されています。もちろんその国に税金を納めることが前提で公的運営となっているのですが、そのオンラインカジノの会社と使って、インターネットの発達によって日本にいながら、合法な国で運営されているオンラインカジノのサイトをプレイできる環境はもう国民を抑えることはできないのではと考えます。オンラインカジノではありませんが、ブックメーカーはイギリス発祥のギャンブルとしてスポーツや世の中の出来事を対象に賭け事を行います。金銭をを獲得するだけでなく、応援するスポーツチームに賭けて遊ぶなど、幅広い楽しみ方ができるのが特徴で、国民の遊びとなっています。日本でいえばtotoみたいな感じです。オンラインカジノは、その名の通り本来ラスベガスに行かなくてはできなかったカジノがオンラインでプレイ可能にしたサイトです。王子製紙の社長が大好きだったバカラ、ポーカーやブラックジャック、スロットやルーレットなど定番のゲームが手軽にプレイできます。ジャックポットが用意されたスロットやポーカーでは、一獲千金も夢ではなく、インターカジノや32redカジノ、その他昔のプレイテック系オンラインカジノでは日本人プレイヤーが高額当選したこともあります。とにかく違法なのかどうか見守るべきですが、法律としても整備していくのがオンラインカジノをすでにしている人をすくうための優先タスクでしょう。非常に多くの運営会社が存在し、犯罪からも守ることが重要です。リアルマネーと呼ばれる本物のお金を賭けて遊ぶということは安全性の高い企業を選ぶ必要がありそれは公的な認可などを発行すべきです。国が発行するライセンスは、公平性を保つための厳しい審査基準をクリアした会社だけが取得できるので、日本国としても安心して遊べるオンラインカジノかどうかを見分け、公的に遊べる環境、つまり整備をすべきでしょう。

ブログ

パチンコを知り、オンラインカジノを知る

パチンコを知り、オンラインカジノを知る

ギャンブルの経験のない方もいるでしょう。ギャンブルをしても勝てないんじゃないかと不安になり、手を出さない方もいるでしょう。確かに自分のお小遣いの範囲で楽しむならばいいですが、生活費などまでも、ギャンブルに使うのは、やめたほうがいいでしょう。今日はおすすめのギャンブルについて語ってみます。

まず、ギャンブルといってもさまざまなものがあります。そのうちのおすすめの1つがパチンコです。パチンコで初心者が楽しむためには、金額を決めて遊ぶといいでしょう。財布に入っている分を全部突っ込んでしまうと、かなりの額を失ってしまうこともあります。自分のお小遣いの範囲内で、適度に楽しむことが大切です。また、パチンコにも、さまざまなメーカーがいろんな台を開発しているため、その中から自分の好きな台、楽しめる台を選ぶといいでしょう。台によっても特徴があり、演出などもさまざまです。自分が知っているドラマやアニメなどの台なども開発されているため、初心者で、最初はどの台を選んでいいかわからない場合には、自分の好きなドラマやアニメなどの台がないか探してみるといいでしょう。但し、キャラクターに騙されるような遊び方はやめたほうが良いです。
台を選んで、その日使う金額を自分のなかでしっかりと決めておき、適度に楽しみましょう。パチンコで勝つ本質的な決め手は回転数です。千円でどれだけ回転させられるかを調べるだけで勝てます。決めた金額内で遊び、当たりをひく可能性もあります。連荘することで、勝てることもあります。連荘中は、さまざまな演出により楽しむことができます。良くこんなことを説明する人がいます。「初心者の場合には、連荘が終わった後、そこからあまり打ち込まず、適度なところで、撤退しましょう。せっかく勝った状態なのに、だらだらと打ち続けてしまうと、せっかく出した出玉が全部吸われてしまう可能性もあります。ある程度演出などもみて、当たりを引けたらその日は撤退しましょう。長時間打っても勝てないこともあります。ある程度当たりを引き楽しい思いができた時点で引き際と考え、深みにはまる前に撤退することが、初心者の場合には重要です」とこれは大きな間違いです。勝てる台はとことん打つ!これが秘訣です。ある程度台のクセなどを研究している場合には、自分の考え、また、自分の感覚で引き際を見出すことも大切ですが、千円あたりの回転数が良い台であれば、勝てるまで打ち続けることが肝心です。そして、もしパチンコをトコトン知り尽くしたら、いよいよ本格的なギャンブルであるオンラインカジノに挑戦してみるべきです。オンラインカジノはまさにギャンブルの頂点に君臨するど派手は体験ができます。オンラインカジノであろうとパチンコであろうとギャンブルは一緒です。勝てる根拠も自分なりに身につけ、そしたら勝てるまで勝負しつづけることが大事です。オンラインカジノは高額の投資も必要となりますが、それなりのバックも期待できます。法律に準拠している国で思う存分オンラインカジノで遊んでみてはいかがでしょう。